生活保護者の葬儀支援や、無縁遺骨の埋葬などをサポートしております。

「NPO法人 足跡の会」は、家族としてお墓を持てない方や、孤独孤立無縁者の方ご自身が亡くなられた後、残された方々が安心してご供養が出来る環境作りをサポートしています。

生前に決めておかないと残された方が大変な事が沢山あります。少しでも負担を減らせるよう無料にて相談等も承ります。 少しでも心配な方は是非お問合せご相談ください。

この様な方はぜひ一度ご相談ください!

  • 生活保護受給者・生活困窮者の孤独死の方の葬儀を手伝ってほしい。
  • 行き場のない無縁遺骨の供養・埋葬をしたい。
  • 孤独・孤立無援であるご自身・知人の葬儀を任せたい。
    その他、行政・個人・施設様を様々なケースでサポートしております。

核家庭化に伴った孤独死、生活保護受給者、生活困窮者の孤独死が増加している中で、行政・ケースワーカー様が抱える様々なご負担の軽減をサポートします。

孤立・単身者向けの葬儀サポート

当会では孤立、孤独死の方でも友人や、知人、施設等の方が立ち会って頂ける環境を作る事にも力を入れております。大切な故人様とのお別れの場ですので、ご縁のあった方はお別れできるよう場所等の希望やそれに対するご提案等いたします。

業務負担軽減のご提案

現在入院・入居中の単身又は独居の方が、ご自身の死亡後の心配等をされている、若しくは既に意思確認ができない状態になっている場合、親族を探されたり、友人関係にお話しを聞いたりと多忙なお仕事をされている場合がございます。

責任者ごあいさつ

こんにちは!責任者の溝渕信一です。

NPO法人 足跡の会は老若男女・宗教・政治問わず、誰もが人生の足跡を残し、最後に安心して旅立てるよう、葬祭や納骨までスタッフ一同、心を込めてサポートしています。

生活保護受給者保護や孤立・孤独死者の増える中、消え去ろうとしている日本の伝統や文化を大切にし、社会に貢献するのが目的です。お気軽にご相談くださいませ。

会社概要はこちら

サポート事例一覧


兄が弟の葬儀を行なった方の例

疎遠だった家族が亡くなり葬儀を行なったが、遺骨を埋葬するところがなく、数年間部屋に保管した状態だったが、当会にご相談いただき、無事納得できる状態で埋葬ができた。

福祉事務所の方が
孤立者の方の葬儀を行った後の例

親族が引取拒否をしている遺骨を預かっているが埋葬がする場所がなく事務所内で保管していたが当会にご相談いただき無事合祀墓地に埋葬された。

お問合せ先一覧 お気軽にご相談くださいませ。ご相談は無料です。

問合せ/申込フォームはこちら